お金のはなし

iDeCoと個人年金保険、老後資金どっちがお得?

お金のはなし

老後というと、まだまだ先だと考えていませんか?

生きていれば、必ず来る老後。

その老後資金を普通口座で貯金するより、もっとお得な制度があります。

それが、効率よく貯めるための国の制度「NISA」や「iDeCo」です。

最近よく耳にはするけど、

実際にはどの制度を使えばいいの??


そして、よく混同されるものに生命保険会社や銀行から勧められる「個人年金保険」があります。

iDeCoに個人年金保険・・・

どちらもお金を貯めるものなんだろうけど。。。

どっちがお得なの??


今回は、老後の年金受給額を増やす制度、

「個人年金保険」と「iDeCo(イデコ)」を比較して説明していきます!

2023年度税制改正大綱 ①新NISA制度の創設
毎年行われる税制改正、経済社会の変化に対応し税負担の公平性を維持するために行われる税に関する見直しです。貯蓄から投資へと促すことを目的とした「新NISAの創設による、生涯非課税保有限度額の拡大・恒久化」現行NISAとの違いをわかりやすく解説します。

二つの共通点と相違点 どっちがお得??

iDeCoと個人年金保険の共通点

どちらも、「老後資金」を貯めるための商品。

そして、どちらも長期にわたる資産運用であり、それぞれ税制面のメリットがあります。

iDeCoと個人年金保険の相違点、どっちがお得?

加入時 掛け金  ⭕️自在性のある個人年金保険!

・iDeCoは職業によりかけられる金額(上限)がそもそも決まっています。例えば、自営業者であれば月額6.8万円、専業主婦であれば2.3万円のように掛けられる金額は職業等によります。掛けたい金額分を自由に掛けることはできません。

・個人年金保険は基本上限はなし。ただし、年収に応じてかけられる保険料の金額は決められています。ただし月払いであれば毎月の出費となりますので、最後までかけられる金額にするのが目安です。

加入時 運用先  △勉強するならiDeCo!面倒な人は個人年金保険!

・iDeCoは運用先を自身で指図する必要があります。自身の許容範囲で運用することもできるメリットもありますが、投資リスクや市場の変化で損をする可能性もあります。選ぶ商品や金融機関によって維持費も違ってくるので十分吟味して商品を選ぶ必要があります。

・個人年金保険はその金融機関の商品となります。金融機関ごとに元になる予定利率が違いますので、加入時に選ぶ金融機関で運用益が変わってきます。

加入後 税制効果  ⭕️全額控除のiDeCo!

・iDeCoは掛け金(拠出金)が全額所得税控除となります。掛け金が全て控除となるのでかなりの節税効果が期待できます。

・個人年金保険は1/1〜12/31までの1年間の保険料の金額8万円以上であれば4万円の所得税控除となります。年間8万円以上いくらかけても節税効果にはなりません。

加入後 解約したくなったら??  ⭕️解約できるのは個人年金保険!

・iDeCoは60歳以降の国の私的年金制度です。原則60歳までは解約できません。あくまで老後の資金です。なお、支払いが難しくなった場合には減額、支払い停止ができます。

・個人年金保険は途中解約が可能です。ただし、早期の解約の場合は、掛けた金額より戻りが少なくなる場合があります。なお、保険会社によって最低金額は異なりますが減額はできますが、支払い停止はできません。

受取時 例:一時金で受け取る場合の税金は? △計算の違いはあるがどちらも優遇!

・iDeCoは退職所得として受け取ることができ、加入した期間を勤続年数として退職金所得控除を受けることができます。例えば加入年数が20年の場合「40万円×20年=80万円」の所得控除を受けることができます。

・個人年金保険、契約者=受取人の場合一時所得となり、「総収入ー払込保険料ー50万円」で計算され、その2分の1の金額が課税価格となります。

iDeCo(イデコ)とは?

iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)は個人が任意で加入する、年金制度の一つです。

iDeCoは自分が拠出した資金を自分で運用し、将来の年金受給額を増やすことを目的としている制度です。掛金は65歳になるまで拠出ができ、60歳以降に老齢年金を受け取れます。

20歳以上65歳未満の方であれば月々の掛金を上限までを自分で自由に設定することができ、加入ができます。

iDeCoに加入するメリット

1.税制の優遇

iDeCoの掛け金(拠出金)は全額所得税控除の対象となります。積立金に応じて節税することができます。

2.運用収益が全て非課税

通常、株や投資信託から得た利益に対しては20.315%の税金がかかりますが、iDeCoの運用益に対して、税金はかかりません。その分お得に資産形成ができます。

3.運用の自由度

iDeCoは自分自身で運用先を選択できます。

複数の運用商品や運用会社から選択することで、自身のリスクの許容度や方針に合わせて選択ができます。

iDeCoのデメリット

1.iDeCoには職業などに応じて、年間の拠出上限額がある。

加入資格と第2号被保険者(会社員・公務員)の方であれば、会社の企業年金制度の有無に応じて、上限の金額が変わります。

会社員の方は金融機関でiDeCoを申し込む場合、勤務先に「事業主登録申請書兼第2号加入者に係る事業主の証明書」の記入をしてもらう必要があります。加入する場合は早めに勤務先の担当部署に依頼しましょう。

2.60歳までは原則解約ができない

iDeCoは60歳になるまでは原則解約することはできません。

解約する場合には、①脱退一時金を受け取る場合、②障害給付金を受け取る場合、③死亡一時金を受け取る場合など、いずれも運営管理機関に連絡して手続きが必要です。

なお、早期に資金が必要になった場合には、解約や拠出金の一部引き出しには制約があるため、資金の流用が減少する可能性があります。

3.運用選択の責任

イデコでは加入者自身が運用先を選択する必要があるので、運用先によっては市場や投資リスクにより拠出金が減少することがあります。

4. 運用商品の維持費がかかる

運用商品には、維持費や運用管理手数料がかかります。

維持費は投資信託の場合に信託報酬という維持費がかかります。運用管理手数料とはiDeCoを管理する期間ごとに設定している手数料になります。

維持費や手数料は金融機関によって変わります。長期間にわたる投資のため十分検討が必要です。

個人年金保険とは?

個人年金保険は、将来の年金資金を貯める目的として加入する保険のことです。

生命保険会社などの金融機関が提供する個人年金保険があり、利率や配当金の有無は金融機関によって異なります。

個人年金保険に加入するメリット

1.個人年金保険料控除が使える

個人年金保険料控除は、所得控除の対象となりその年の1/1〜12/31 までに支払った保険料に対して、8万円までが対象となりその場合4万円(最高額)が控除の対象となります。
年末調整を受けている方であれば、年収や扶養の数にもよりますが、還付金が増えます。

2.長期運用の利益

個人年金は長期にわたって運用されるため、運用益や利益の成長が期待できます。保険会社や金融機関にもよりますが、選択次第で配当金や運用成果がプラスになります。そして、保険料の元になる予定利率は契約時に決められたものであるため、加入から満了まで変わりません。

ただし、配当金に関しては金融機関によって期間は変わりますが、毎年変更があるため配当金が記載されている場合には確実ではないため注意が必要です。

3.追加の保険要素

個人年金保険には、死亡保障や生存保障などの保障が付いている場合があります。特に、薬を服用していたり既往症がある場合、プラスで死亡保障等を持つことは難しくなります。

年金保険であれば、加入は簡易な告知のみで、万一の時には、支払った保険料よりも少し上乗せされた死亡保障が支払われる場合があります。

個人年金保険のデメリット

1.契約時から早期の解約であれば元本割れする可能性がある

あくまで貯蓄ではなく保険であるため早期の解約の場合、払い込んだ金額より解約金が少ない場合がほとんどです。

満了時までかけることでメリットがあるため、早期の解約するかも・・・という懸念がある場合は加入を見送った方がいいかもしれません。

2.契約時から満了まで一定期間の保険料の支払いが必要

契約時から満了までの決められた保険料の支払いが必要なため、契約によりますが、途中で減額・増額・支払いの停止ができないケースがあります。

加入する場合は、長期でかけられる金額で加入して下さい。

まとめ

iDeCoと個人年金保険、どちらも老後資金を貯めるのに適した商品です。

老後資金を効率良く貯めるには、早い期間から貯め始め、長く運用することです。

二つの商品を見比べ、自分にとってより最適な商品を選びましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました