お金のはなし

20代の平均貯金額は?その弍「お金を増やす方法」

お金のはなし

20代は社会人として「お給料」をもらい始める年齢。

これから「貯金」を始めるには最適なタイミングです。
しかし、新卒や若手の職業からスタートする事が多く、初めは比較的安い給料から働く事が一般的で、なかなか貯金をするのは難しいかもしれません。

とはいえ、「給料が上がってから貯めよう」とか「そのうち・・・」と言っていてもなかなか貯まりませんし、これからライフイベントによっては「まとまったお金」は必要になります。

今回は、「今からできるお金の増やし方編」です。

20代の平均貯金額は?その壱「お金を貯めるポイント」
社会人としてお給料をもらい始める年齢、そして貯金を始めるには最適なタイミングです。しかし初めは比較的安い給料で、なかなか貯金をするのは難しいですよね。そこで20代の平均月収や貯金額やその目安額、お金を貯めるポイントを実例を交えてご紹介!

副業を考える


追加の収入源を確保するために、副業を考えてみるのも良いでしょう。

自分のスキルや趣味を活かした仕事を見つけることで、貯金を加速させることができます。

副業を行うメリット


収入が増えることはもちろん、今後本業の収入が減った時のための備えにもなります。

本業以外のスキルが身につきます。未経験の分野に挑戦することで、経験を積むこともできます。

本業以外の人脈を構築することができる。

副業を行うデメリット

 
労働時間が長くなり余暇が減る。休日やプライベートが減るため健康管理には十分注意です。

本業の生産性が落ちる恐れがある。悪影響を与えない範囲で行うことが大切です。

すぐに収入に繋がらないことも。

特に成果まで時間のかかる仕事は安定した収入が得られるまでに時間がかかるかもしれません。

副業を始める前に確認すること


所属している会社の就業規則によってはできない可能性があります。

許可されているのか、必要な手続きはあるのか。必ず確認してください。

心身の無理のない範囲で副業に割けるのか。

プライベートや休日を確保できない働き方は避けましょう。

ストレスの原因になって体調を崩す恐れがあります。

無理のない範囲で、副業を行なってください。

副業で収入が増えるとそれだけ所得税が高くなります。

副業の収入は金額によりますが自分で別途確定申告が必要になります。

空いた時間でお小遣いを貯めよう!「アイリサーチ」



20代におすすめの副業

コンテンツ配信

動画サイトなどで配信を行い、広告収入を得る方法です。

副業というより趣味の延長線上で収入を得られます。

スキマ時間で代行業

代行業には家事代行、配送ドライバーなどがあります。

案件ごとに報酬が発生するため、働いた分だけ収入につながります。

ミステリーショッパー

覆面調査員として飲食店やエステサロンなどを利用して依頼主へ調査結果をフィードバックするお仕事です。

仕事帰りや休日に店舗に行けるため楽しみながら収入を得られます。

ブログ運営によるアフェリエイト

広告を掲載したブログやウェブサイトを運営して広告収入を得るものです。

特にブログは既存のサービスを使って誰でも気軽に始められます。

休日に短期バイト

本業の退勤後や休日の空き時間を使ってパート・アルバイトをするのも副業の一種です。

投資に興味を持つ


長期的な視点で資産を増やすために、投資について学び興味を持つことも重要です。

投資はリスクが伴いますので、専門家のアドバイスや情報を参考にすることが大切です。

これらのポイントを意識しながら、定期的に貯金をすることで、20代から効果的な資産形成が可能になります。

今は色んな投資がありますが、

今回は国が制度として導入している「iDeCo(イデコ)」「NISA(ニーサ)」をご紹介します。

iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)


国の国民年金制度に加えて個人が積み立てる形で老後の資金を形成するための制度です。

専用の口座を開設し、毎月一定額を積み立てます。

積立額は自由に設定できますが、所得に応じた上限があります。

iDeCoの3つのメリット

1.税金の控除受けることができる 

iDeCoの積立額に対して所得控除を受けることができます。

これにより、年間の税金負担を軽減することができます。

2.長期的な運用ができる

iDeCoは老後の資金形成を目的としているため、

長期的な運用によって資産を積み上げることができます。


3.運用選択の自由

DeCoでは運用商品を自由に選択することができます。

株式・債券・投資信託など、自分のリスク許容度や運用目標に合わせて運用が行うことができます。

前倒し払いができます。一定の条件を満たす場合、

60歳以降でなくても一部の積立金を前倒しで受け取ることができます。

これにより、特定の場面や必要な出費に対して資金を利用することができます。



iDeCoのデメリット


DeCoの積立金は長期的な資産形成を目的としているため、一定の条件を満たすまで出金ができないケースがあります。

iDeCoは投資を行うため、運用に伴うリスクが存在します。

市場の変動や経済状況によって運用益が減少する可能性もあります。

国の制度のため、政府や年金制度に関する法改正や制度変更が行われる可能性があります。

これにより、現行のiDeCoのルールや節税効果が変わる可能性もあるため、将来的な不確実性があります。

NISA(ニーサ・少額投資非課税制度)


NISAのメリット

 
NISAでは、特定の金融商品(株式や投資信託など)を取引する際に得た利益が非課税となります。

年間の利益上限があるものの、将来的なキャピタルゲインに対して税金を支払う必要がありません。

長期的な資産形成: NISAは長期的な資産形成を促進する制度です。

投資を通じて資産を積み上げることができます。

NISA口座では、株式や投資信託、上場投資信託(ETF)など、様々な金融商品に投資することができます。

これにより、自身の投資スタイルやリスク許容度に合わせた多様な選択肢があります。

NISAでは非課税で得た利益を再投資することができます。

これにより、利益の複利効果を最大化することができます。



NISAのデメリット


NISAでは年間の投資上限があります。

上限額を超えた投資は非課税の対象外となります。

投資額が大きい場合、制度の限定性により利益の最大化が制約される可能性があります。

NISAでは特定の金融商品に投資する必要があります。

一部の投資商品や取引方法が制約されるため、個別の投資戦略やニーズに合わない場合があります。

NISAは投資に関わる制度であり、市場の変動や投資リスクが存在します。

投資商品の価格変動や経済状況によって損失を被る可能性もあります。  

iDeCoもNISAもメリットとデメリットを理解し、自身の投資目標やリスク許容度に合わせて活用することです。

また、どちらもの制度であるため、最新のルールや条件に関しては公的な情報源や金融機関のアドバイスを参考にすることをおすすめします。


コメント

タイトルとURLをコピーしました