お金のはなし

20代の平均貯金額は?その壱「お金を貯めるポイント」

お金のはなし

20代は社会人として「お給料」をもらい始める年齢。

これから「貯金」を始めるには最適なタイミングです。
しかし、新卒や若手の職業からスタートする事が多く、初めは比較的安い給料から働く事が一般的で、なかなか貯金をするのは難しいかもしれません。

とはいえ、「給料が上がってから貯めよう」とか「そのうち・・・」と言っていてもなかなか貯まりませんし、これからライフイベントによっては「まとまったお金」は必要になります。

ここでは20代の平均月収や貯金額やその目安額、お金を貯めるポイントをご紹介していきます。


20代の平均月収は?

20ー24歳の平均月収は「21万3,100円・手取り額およそ17万」
25ー29歳の平均月収は「24万6,200円・手取り額およそ19万」です。

業種や企業規模によって差があるので、平均に届かなくても今の待遇が悪いとは一概には言えません。

多くの人が20代の初めは新卒や若手の職業からのスタートになります。

経験とスキルの獲得によって収入が増えていきます。

20代の平均貯金額と貯金をしている割合

金融広報中央委員会が発表している家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査](令和2年)」によると、

20代の平均預貯金額は77万円で、株式などを含めた金融資産保有額の平均は113万円でした。

ただし、平均値は全ての平均となっており最小と最大の数値がかけ離れてる場合、集計結果に影響がでます。

例えば、
貯金額1万円の人と100万円の人の平均は約50万円・・・


ですから、自分の貯金額と比較する上では平均値と合わせて「中央値」を見る必要があります。

中央値はデータを大きい順に並べたときに中央に来る数値のことを指します。

それでいくと、平均は113万に対して、中央値は8万円でした。

20代の金融資産保有額 割合
100万円未満            49.9%
100万円〜200万円未満15.5%
200万円〜300万円未満8.4%
300万円〜400万円未満6.3%
400万円〜500万円未満4.4%
500万円〜700万円未満5.2%
700万円〜1,000万円未満3.0%
1,000万円〜1,500万円未満1.6%
1,500万円〜2,000万円未満0.8%
2,000万円〜3,000万円未満0.5%
3000万円以上0.0%
金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査「単身世帯調査」(令和2年)

表にあるように20代の資産保有額は100万円未満が49.9%が最も高くなっています。

金融資産を保有しているのは56.8%
半数以上の人が何かしらの貯金をしていることになります。

20代でお金を貯めるポイントは?

予算を立てる


毎月の収入と支出を把握し、予算を立てることが重要です。

収入と支出のバランスを見極め、無駄遣いを減らすことで貯金に回せるお金を増やしましょう。

一般的には収入の20〜30%を貯蓄に回すのが理想です。

独身一人暮らしの場合 手取りの5〜10%

家賃や食費などを全て一人でやりくりしなければなりません。

し始めた人は最低でも5%の貯蓄を目標に頑張り、生活に慣れてきたら徐々に目標を引き上げていくのが理想です。

独身実家暮らしの場合 手取りの30〜40%

独身時代は最初の貯め時です。

30代以降家庭を持つことから貯蓄率は下がっていきます。結婚してからも自分名義の貯蓄があることで心強い味方になります。

共働き夫婦の場合 手取りの20〜40%

共働きの場合、独身の時と同様に貯め時です

今後のライフスタイルを見据えて、夫婦でしっかりと話し合い協力しあって貯蓄を頑張ってみてください。

子育て夫婦の場合 手取りの10〜15%


子供がいる夫婦は子供が大きくなるにつれ、教育費の負担が増えていきます。

特に大学生にもなると教育費のピークを迎えます。
共働きでも2人目、3人目と子供が増えることで妻の働けない期間もでてきますし、その分、生活費・教育費も増加します。

子供が大学生になるまでは貯蓄すること、国からの児童手当を貯蓄に回すなどある程度家計を支える程度の貯金をしておきましょう。


2.自動積立を活用する


収入の一部を自動的に貯金に回すような仕組みを活用しましょう。

給与から直接貯金口座に一定額を積み立てることで、貯金が習慣化されます。

自動積立定期預金(0.002〜0.35%)

給与振込口座がある金融機関で自動積立預金を申し込めば毎月一定額ずつ定期預金にお金を振り込めます。

今は低金利時代。なかなか金利はつきませんが、毎月決まった額を積み立てるには最適な方法です。

なお、金利は金融機関によって異なります。

財形貯蓄制度(0.01%程度) ※勤務先に制度がある場合に利用できます

給料からお金を差し引いて積み立てる制度になります。

原則として3年以上積み立てる必要があり1年経過するといつでも自由に払い出しができます。

転職をした場合でも転職先に財形制度があれば引き続き管理運用が可能です。

社内預金(最低0.5%以上) ※勤務先に制度がある場合に利用できます


こちらも給料からお金を差し引いて積み立てる制度になります。

財形貯蓄よりも利子が高く、原則元本割れすることはありません

会社の規定により、引き出せる金額は違いますが(例えば10万以上貯まらないと引き出しができない等)普通預金より高い金利で積み立てることができる制度です。

ただし、会社を退社すると預金分の返金を受ける事にになり、転職先で引き続き管理運用はできません


3.無駄遣いを減らす


不必要な出費を減らすことで、貯金に回せるお金を増やすことができます。

例えば、飲食費の節約や定期的な買い物の見直しなどが有効です。

サブスクサービスの見直し

現在サブスクの数を把握してない人は要注意です。月額課金・定額制で初期費用がいらない手軽さから若い人ほどサブスクを利用する傾向にあります。

あなたが払っているサブスクは月額料金を払うほどしっかり利用できていますか?

いくつも使っているキャッシュレス決済

便利なキャッシュレス決済ですが、メリットがある分「落とし穴」もあります。

ポイントが貯まるからと決済方法を分散しすぎるとお金の出入りを把握しにくくなり、知らず知らずのうちに月々の支払いが膨れ上がってしまうことも。

せっかく貯まったポイントも使いきれずに消滅してしまったら意味がありません。

コンビニ通いやカフェ通い


いつの間にかお金がなくなっているという人に多いのがコンビニとカフェ通い。

特にコンビニはつい余計なものを買ってしまいます。カフェ代も毎日積み重なればまとまった金額です。

1杯400円のコーヒーも20日通えば8,000円。この習慣をやめるだけで8,000円を貯蓄に回せます

⇩⇩⇩続きはこちらからその弍「お金を増やす方法⇩⇩⇩

20代の平均貯金額は?その弍「お金を増やす方法」
社会人としてお給料をもらい始める年齢、そして貯金を始めるには最適なタイミングです。しかしなかなか貯まらないのが実情です。今回は、新社会人の今からでもできる!お金を増やす方法やポイントを実例を交えてご紹介!

コメント

タイトルとURLをコピーしました